逆プロポーズ

 ここまでしても彼がプロポーズしてくれないなら、悩むよりは、いっそ、貴女からプロポーズしてしまうのも手です。彼の気持ちがNOの場合なら破局してしまいますが、このまま待っているより良い結果だと考えましょう。なぜなら、貴重な時間を空費せず、次の男性に向かっていける訳ですから。
 
彼の気持ちがNOでも、YESでもない場合
 たとえば「まだ、今は結婚まで考えられない。」とか、「そのうち、考えるよ。」などの決断出来ない男性もいただけません。本当に何ものにも代えがたい女性が目の前に現れ、彼女が結婚適齢期ならば、男は直ぐに行動します。すぐに結婚出来なくても、『婚約』指輪を買おうとしたり、両親に会わせたりと、何か目に見える行動に移るものです。

 したがって、貴女との結婚を真剣に考えている男性は そのうち、まだ、、、といった言葉は絶対に使いません。一定期間お付き合いが経過して、貴女のもどかしい気持ちが我慢の極限に達したのなら、貴女からプロポーズして良いのです。貴女を失いたくないと考えている男性なら必ず決断します。

いつまでも時間を費やしていてはいけません。