お金払いの場面に人柄が出る

デートのお会計に彼の金銭感覚と価値観が現れます

・いつも割り勘にする彼なら、良く言えば「男女は対等」という考えの現れと見れますが、見方を変えれば、「働いて生活費を入れて欲しい」というのが本音かも。

・彼が多めに払って貴女が少し払うとなるなら、「生活費は男が多めに払うもの」と考えているのかも。

・チャンスがあれば奢って貰おうとする男性はヒモ願望の現れかも。

・いつも奢ってくれる彼は良く言えば、専業主婦でも兼業主婦でも良い、妻の稼ぎはアテにしない、家計は男性が支えるものと考えている場合が多いです。その分、家庭は女性が守るものと考えている可能性が高くなります。

 ポイントはお金払いの場面を通じて彼の人格、人となりを見極めて下さい。
どちらがどれだけ払うか?が問題ではないのです。お金を支払うという、その人の人格が最も現れやすい場面をしっかり観察する事で彼の本音を垣間見るのが目的なのです。

 たとえば、全額奢りだとしても渋々奢っている気配が感じられるのなら、その不満はもしかすると結婚後に出て来るかもしれません。割り勘派の男性は結婚前は専業主婦で良いよと言っていても、結婚して数年経つと家計の為に働いて欲しいと言い出す事が多いです。お会計の場面を通じて、彼の価値観をしっかり見極めましょう。

※注意 貴女と同じように彼も貴女の行動を観察しています。毎回、奢りというパターンでもお財布を出して、払う素振りは見せましょう。割り勘の場合でも、「今日は私が払うわ。」という一言があると男性の印象はかなり違います。