9月 18 , 2017 uncategorized

中イキ、そして潮吹き

手マンでイキっぱなし状態になる

綾瀬はるか似の26歳理学療法士さんの

続きのお話をしましょう。

彼女は十分過ぎるほど膣内感度が

高くなっています。そういう場合、体位は

女性上位を取ります。彼女自身、

膣内のどのあたりで中イキできるか

身体で覚えているのです。彼女は

オチンチンに手を添えて自分から

挿入します。 そして、

腰を縦方向に回転させ始めます。

腰を上下させながら、前後にも

動かすのです。

その理由は女性の膣内にはお腹側の

膣壁に膣口から順にGスポット、

奥Gスポット、Tスポット、Pスポットが

並んでいます。そして、お尻側に

裏Gスポットがあるのです。

これら5つのスポットをオチンチンで

擦るにはピストン運動ではなく、

腰を縦方向に回転させた方が良いようです。

そうすれば、これだけの気持ち良いポイントを

すべて女性自身で刺激出来るのです。

 

彼女は自然と腰を縦方向にどんどん

速く回転させます。

「あ~ん~。ダメ~~っ。」

「あ~ん、イ~ク~~。」

言葉とは裏腹にグラインドの速度が

速くなります。

「お願い、もうダメー、本当にダメー、あっ~イク~。」

私は何も動いてはいません。

「あっん、あ~ん。」

彼女は5つの膣内ポイントをオチンチンで

十分擦れるように腰の角度を少しずつ変えて

調整しています。

「あ~ん、ん~うぅ。」

縦に回転させながら、どれが一番感じるポイントか

何度も較べるように擦っています。そして、一番感じる

ポイントで回転を止めて、そこに亀頭を擦り付けるように

小刻みに上下に動きます。一瞬の静止の後、

彼女のお腹が痙攣します。

そして、彼女の絶叫。

「あっあっあ~ん、ダメ~。」

「あ~ん、気持ちいぃ~~~~。」

お腹の痙攣が収まると、また一心不乱に腰を

縦回転させ始めます。

「あ~ん。イクーー。」

彼女の身体がピクンと上に跳ねます。

この時、私は下から彼女をオチンチンで

軽く突き上げます。

一際大きな声で絶叫します。

「あぁん、あぁん、イク~~~。」

彼女の身体が止まります。深呼吸しながら、

「は~ぁん、は~ぁん。」

身体全体で息をしています。

彼女、中イキしたようです。

私は下からオチンチンを前後に動かします。

彼女の身体がブルッと動き、

再び彼女にスイッチが入ります。

「あん、あん。」

彼女は腰をまた縦回転させ始めました。

そうです、再び膣内5ポイントを

擦り始めるのです。そして、次の絶頂へと

向かっていくのです。

私は彼女の体力の続く限りこれを繰り返します。

彼女の場合、約2分程で1回、中イキです。

20回ほどイッたところで、

私は上体を起して体位を正上位にします。

正上位で挿入して軽く膣奥に圧力を掛けます。

目安としてTポイントとPポイントそして、クリトリスを

目標にして体重を掛けます。すると、もうそれだけで

彼女は絶叫。結合部分に液体を感じます。彼女、ここで

潮吹きしてしまいました。シーツに30cmぐらいの水溜りが

出来ています。ここからピストン運動を連続して始めます。

Pポイントを突くイメージでピストンします。

彼女は絶叫し続けます。

「イク、イク、イク~~~~。」

 

Leave a reply